カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査では必ず本当の内容を申請する必要があります。虚偽の内容を申請した場合どうなるか説明します。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査は嘘をついてはならないのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

金融機関でカードローン審査を申し込みした時には必ず本当の内容を申請する必要があります。もしも、虚偽の内容を申請をした場合にはどのようになるか説明します。まず、金融機関にカードローンを申し込んだ時に信用情報機関に申し込み内容が登録されます。この信用情報機関に登録された申し込み内容は他の金融機関からも参照が可能な情報です。既に他社での借り入れがある場合には、他社と今回の申し込みの内容に相違があった場合には信頼のできない申込者だと判断されます。

それから勤務先の申請についてですが、当然こちらも本当の内容を申し込む必要があります。流れとして申し込みの最後に勤務先へ電話で在籍確認が行われます。もしも、虚偽の内容で申請してしまった時にはこの在籍確認の時に嘘が分かってしまいます。虚偽の内容で申し込まれたという情報についても信用情報機関に記録されるので、虚偽の申請をした申し込みの後に再度申し込む時は数ヶ月期間を空ける必要があります。以上の内容から申し込み時には必ず本当の内容を申請する必要があります。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.