カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査には様々な書類が必要となります。その中でも収入証明書類は必須なのか説明します。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査には収入証明書類が必須なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローン審査時には様々な書類が必要となりますが、収入証明書類は必須なのか説明します。まず、収入証明書類とは源泉徴収票や確定申告書になります。源泉徴収票は会社に属して働いている人であれば年末あたりに受け取っています。自営業など自分で経営して働いている人は確定申告書が必要です。これらの収入証明書類は貸金業法が適用される金融機関であれば、50万以下の借り入れであれば必要が無いという金融機関がいくつか存在しています。

50万を超える高額な融資又は他社との総額が100万を超えた時には必ず提出を求められますが、それよりも少ない場合には特に収入証明書類不要でカードローン審査ができます。もしも申し込み当日にどうしても借り入れが必要で手元に収入証明書類が無いということであれば、申請する借り入れ金額を少なくすることで、カードローン審査時のトラブルを避けて直ぐに審査を終わらせることが出来ます。以上の内容から収入証明書類が不要で借り入れることはできると言えます。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.