カードローン審査の際には総量規制に注意する

銀行のカードローン審査は消費者金融と比べると厳しいと感じる人も少なくないです。何故そうなるのか説明します。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

銀行のカードローン審査は何故厳しいのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融に比べて銀行のカードローン審査は何故厳しいのか説明します。まず、銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されています。金利が低く設定されている代わりに慎重且つ厳正な調査を行うことで、貸し倒れを防いで負債にならないようにしています。確実に返済してもらえる人にだけ貸し付けを行うので、金利を比較的安く設定することができます。

それから銀行のカードローンは消費者金融と大きく異なる点が1つあります。それは総量規制による融資額の制限が無いという点です。総量規制とは借り入れる本人の年収3分の1を超えた貸し付けをしてはいけない法律です。銀行はこの対象外となるので比較的高額な融資が可能です。融資額が消費者金融よりも高額になる為、申し込みの審査についても厳しくなるという状況です。以上の内容から銀行のカードローンは高額融資且つ低金利なので審査が厳しくなると言えます。審査が厳しいと言っても通過できないわけではないので安心して申し込みできます。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.