カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査時に融資限度額をできるだけ高く設定してもらう方法や押さえるべきポイントを説明します。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査の時に融資限度額をいっぱいまで上げる方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融のカードローン審査時にできるだけ融資限度額を上限いっぱいの額まで引き上げる方法を説明します。まず、総量規制についての知識が必要です。総量規制とは借り入れる本人の年収3分の1を超えた金額を借り入れることができない法律です。これにより例えば年収が300万の人であれば100万までの借り入れができます。借り入れる消費者金融の最高限度額が500万であれば1500万の年収が必要ということです。

次に他社との借り入れ額について気をつけるという点です。総量規制は他社の消費者金融とこれから借り入れる消費者金融の借り入れ額の総額に適用されるものです。既に他社で借り入れがあるのであれば、総量規制によって融資限度額が低くなってしまう可能性があります。消費者金融で設定された融資限度額いっぱいの額まで借りるには、年収を高く保ちつつ他社との借り入れ額を抑える必要があります。以上の内容を押さえて申し込むことで融資限度額を高く設定してもらうことができます。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.