カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査に落ちてしまった場合には、ある程度日数を空けてから再申し込みする必要がある理由を説明します。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

なぜカードローン審査に落ちたら日数を空けて再申し込みが必要か

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローン審査は落ちてしまうとある程度の期間を空けてから再申し込みすることで審査に通りやすくなります。なぜある程度の期間を空けてから再申し込みが必要なのか説明します。まず、金融機関にカードローンを申し込むと信用情報機関に申し込み内容が登録されます。金融機関の間で信用情報機関を通して過去の申し込み状況を参照することができます。これにより過去にどういった理由で審査に落ちたのかなど確認することができます。

信用情報機関に登録された申し込み内容の情報が消えるのには数ヶ月の期間が必要です。短い間隔で何度もカードローン審査に落ちてしまうと、いつまでも信用情報機関に登録された情報は消えずますます審査に通りづらくなります。以上の内容から1度カードローンの申し込みで審査に通過できなかった場合には、ある程度の期間を置いてから再申し込みをした方が良いということになります。空ける期間としては半年も空ければ十分です。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.