カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査は定期収入の有無、過去のカードローンの利用履歴、年齢などが関係し、金融機関によって異なります。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査について

このエントリーをはてなブックマークに追加

使い道が限定されずに、お金を借りることができるカードローンはとても便利です。しかし、ローンですので、お金を貸す側の金融機関とっては、貸したお金を返済をしてもらうことは当然ながら重要なことです。ですから、カードローンは希望した誰しもが利用できるものではなく、金融機関によるカードローン審査を通過した人のみが利用できる仕組みです。

カードローン審査の基準は、金融機関や利用するカードローンの種類、限度額によって異なりますが大まかなものは同じです。まずは、一定かつ継続した収入があるかどうか。ですから、仕事に就いていること、仕事を持っていることは非常に重視されますし、その勤続年数と言うものも審査基準の一つになります。また、過去、金融機関のローン利用歴があるかどうか、そしてその返済がきちんとされていたかどうかも重要な審査基準の一つです。また、年齢に関しても20歳以下の方は利用できない、60歳以上の方は利用できないという審査基準をもうけているところもあります。これは、20歳以下の方は学生であることが多く、安定した収入が期待できないため。また、60歳以上の方は退職され、収入が激減するためなどが主な理由に挙げられています。

しかし、こうした審査基準は金融機関によってばらつきがあります。特に、60歳以上の年齢制限に関しては、最近では退職されてからも働かれている方も多くおられるので、もう少し年齢制限を高く設定しているところもたくさんあります。また、仕事に関しての審査基準についても、仕事を持っていない主婦の方でも利用できるカードローンもたくさんあります。ですからカードローンの利用に関しては、まずは自分の年齢や仕事の状態で利用できるカードローンを探してみるのが良いです。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.