カードローン審査の際には総量規制に注意する

毎月定収入を得ているパートやアルバイトの方なら、カードローン審査に通過する可能性は高いです。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

パートやアルバイトのカードローン審査について

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンは、大手の会社に正社員で勤めていたり、公務員でなければ利用できないということはないです。それこそ、パートやアルバイトの方でも毎月定収入を得ていれば、十分にカードローン審査を通過できると思います。それに、消費者金融によっては、収入証明書の書類の提出を義務付けていないこともありますので、ある程度の融資枠まではカードローンの契約をすることが可能であります。

現在の消費者金融では、総量規制といって年収の3分の1までしか貸付できないことになっていますが、パートやアルバイトで、例えば月に3万円しか収入がなくても年収では36万円となり、総量規制額は12万円となります。ですから、年間で12万円までは、融資してもらえる可能性があるのです。実際は、パートやアルバイトで月に10万円から20万円くらい収入がある方も多いので、総量規制額がもっとあると思います。

ですから、パートやアルバイトの方でもカードローン審査に恐れず受けて欲しいと思います。毎月定収入を得ている方ならば、カードローン審査に通過する可能性が高いので、何も不安がることはないと思います。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.