カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査で電話による在籍確認が不安で借り入れできない人に、電話での在籍確認を回避する方法を説明します。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査で電話での在籍確認を回避する方法はないのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローン審査には様々な基準が各金融機関で設けられています。その中でも電話での在籍確認はほぼ必ず行われます。電話でする在籍確認とはカードローンの申し込み時に申請した勤務先へ電話で申込者が本当に在籍しているかどうかを確認する作業です。しかし、この電話での在籍確認が不安でなかなか借り入れの一歩が踏み出せない人は少なくないです。電話での在籍確認は最近では金融機関名ではなく審査担当者の個人名で対応されることが多いです。

それであっても勤務先の状況によっては個人名での連絡に対応できない職種もあります。例えば、個人情報を慎重に取り扱う会社などが該当します。そういった場合には電話での在籍確認を回避する方法を使います。まず、電話以外で在籍確認が取れる金融機関を選びます。一例として書類で在籍確認を取る方法があります。勤務先に在籍証明書を発行してもらい、この書類を提出することで在籍確認が完了となります。審査担当者に相談することで柔軟に対応してもらえるケースがあるので、事前に相談することをお奨めします。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.