カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査に落ちる人にはいくつか共通する特徴があります。その特徴について説明します。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査に落ちる人の特徴とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急の金銭トラブルなどでカードローンを申し込む人で、カードローン審査に何度も落ちてしまう人にはいくつか特徴が存在します。まず、カードローンの申し込みには総量規制が絡むという点を理解する必要があります。総量規制とは借り入れる本人の年収3分の1を超えた額を借り入れできない法律になります。借り入れを申し込む時の金額が年収の3分の1を超えている場合は審査に落ちてしまいます。総量規制には例外と除外があるのでよく確認が必要です。

それから過去の返済状況についてです。カードローンの申し込みをする際に、金融機関は信用情報機関を通して情報を共有しています。過去に他社で借り入れを行っていて、その時の返済状況に遅延があればその情報も記録されています。信用情報機関に登録された情報を参照して金融機関が返済能力に乏しいと判断された場合は審査に落ちてしまうということです。以上の2点がよくカードローン審査に落ちる人の特徴なので、1度この2点を確認してから再度申し込みが必要です。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.