カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査には金融機関ごとに基準が設定されています。この基準とは何なのか説明します。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査の基準とはどんなものか

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローン審査には金融機関ごとに基準が決められています。この審査基準について公表はされていませんが、よく年収、勤続年数、家族構成、他者での借り入れ状況が挙げられます。まず、年収ですがこれは毎月安定して入ってくる収入を言います。会社員として働いて発生するお給料もそうですが、金融機関によっては不動産などの収入や年金もこれに該当します。どこまでが安定した収入と認められるかは利用する金融機関によって異なります。

次に勤続年数ですが、こちらは会社に勤務し始めてからどのくらいの年月が経っているかということです。勤務し始めてから長い年月が経っている人ほど安定した会社に勤めていると判断されます。最後に他社での借り入れ状況ですが、こちらは利用する金融機関が消費者金融であれば総量規制が絡んでくるのでその判断材料となります。他社での借り入れと合わせて年収の3分の1を超える場合にはカードローン審査には通らなくなります。以上が代表的なカードローン審査基準となります。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.