カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査には収入証明書が必要ば場合があります。収入証明書についての詳細を説明します。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査に必要な収入証明書とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローン審査には収入証明書が必要な場合があります。まず、収入証明とは4種類が存在します。源泉徴収票と確定申告書と給与明細書は賞与がある場合は賞与明細も併せる、最後に所得証明書の4種類になります。これらが必要になる場合には条件があります。その条件とは貸金業法が適用されている金融機関から借り入れを行う場合です。貸金業が適用されている金融機関から総額50万以上の借り入れを行う時と、他社からの借り入れを額を合わせた総額が100万を超える場合です。

いずれの書類を提出する時であっても、求められる書類は最新のものとなります。必ず収入証明書が必要かと言うと不要な場合もあります。貸金業法が適用されない銀行のカードローンについては一定額まで収入証明書不要で貸し付けを行っている金融機関もあります。この収入証明書を必要とする理由としては借り入れる本人に返済能力があるかどうかを確かめる為の証拠ということです。収入証明書を確認して貸し付け後の返済能力を判断されます。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.