カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査に通りにくいのはどんな場合が多いか。自分のカード情報をクリーンな状態にしておくことの重要性。

カードローン審査の際には総量規制に注意する

カードローン審査が通りにくい場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローン審査に1回通らないと、また別の会社の審査を受ける方がいますが、これはあまり意味がありません。カード会社は、申込者を審査する際、同じ情報を参照します。日本にはいくつかそのような機関があります。私たちが現在クレジットカードの残高がいくらあるのか、他の会社からのローンがあるのか等はその情報を照会すれば全てわかるようになっているので、申込みの際嘘の申請をしてしまうとばれてしまいます。よって、1社に断られたということは、他の会社からも断られる可能性があるということです。

また、稀にカードの使用状況が正しく登録されていない場合もあります。定職もあるしクレジット等使いすぎていないのになぜか審査が通らないという方は、一度自分の情報を確認してみた方がよいかと思います。そして、意外にも、ある程度の年齢でクレジットカードをこれまで所持したことがない方もカードローンの審査に通りにくい場合があります。これは、過去カード会社に迷惑をかけてしまい現在はカードを持てず、カード情報が全くない方と同様の扱いになるからです。

普段何気なく使っているカードですが、その情報はかなり細かいところまで把握できるようになっています。カード会社は照会すれば全て見ることができますので、「綺麗な自分のカード情報をつくる」ということを意識する必要があると思います。
Copyright (C)2017カードローン審査の際には総量規制に注意する.All rights reserved.